廃棄物から生まれ変わったエコレンガ

スマートハウスの玄関、アプローチ、駐車場に使用しているレンガは、家庭ごみ等を高温焼却して出た廃棄物と粘土・シラス・砕石廃泥を合焼却し窯変色の色合いをだした弱酸性の製品です。

約5.2kgの家庭ごみが1個のレンガ材料資源になり経年評価価値に優れ、劣化による脱色がありません。気孔を増やしたことにより高い保水性を実現しました。

通常のレンガと比べ、ピーク時の表面温度を-7℃も抑えることができ、地球温暖化抑制にもつながります。